何度も何度もハンドプレスして熱で保湿浸透をはかる

私が人生最大の乾燥肌に悩まされたのは妊娠中でした。
もともとはドライとオイリーの混合肌だったのに、妊娠中の冬は肌がピリピリするほど乾いて、背中の皮などはまるで脱皮のようにポロポロ剥ける程だったんです。
しかし当時は妊娠中という事もあり、沢山のスキンケア商品をいくつも重ね塗りするのは体調的にも厳しく、そこで私が取った方法は保湿力の高いクリームを何度も何度も重ね塗りする事でした。
いつもならサラッとした使い心地が気持ちいジェルクリームを選ぶところ、粘度の高いこっくりとしたクリームを買い、それを洗顔後の肌と、お風呂場でのマッサージとして薄く何度も何度も重ねて塗ったんです。
目元口元は、他の部分に比べて皮膚が薄いため頬や額などよりは多めに塗り重ねました。
その時に注意したのが、塗った後必ずハンドプレスをするという事です。
両掌で顔を覆い包む、ただそれだけ。
たったこれだけの事で、手の熱を伝ってクリームの浸透力が高まるのです。

こうして、私はあの冬の感想を乗り越えました。
おかげで妊娠中とはいえツヤツヤとした肌で化粧のりも良く、快適に冬を越すことが出来ましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>